手づくり工房さくら

kobosakura.exblog.jp ブログトップ

タグ:伝統 ( 3 ) タグの人気記事

初こんぴらにお獅子がきました

今年の初こんぴらは、日曜日。
お天気もよく、大勢の人出でにぎわいました。

b0333575_21245393.jpg
初こんぴらの楽しみは、お獅子が来ることです。
お囃子が聞こえてくると、一同店頭に並び…、

b0333575_21273720.jpg
頭をかぷり。
今年一年、よい年になりますように〜!


手づくり工房さくら
住所:佐倉市新町174番地(京成佐倉駅 徒歩10分)
電話:043-486-3352
営業時間:10:00am~5:00pm(月曜・火曜・年末年始 定休)


[PR]
by HMkobo_sakura | 2016-01-10 21:29 | 工房のこと | Comments(0)

榮珠作 組紐

新作の組紐を入荷しました。

以前、余松作 ストラップの記事を書きましたが、今回は技術を伝承された2代目榮珠の作品です。

b0333575_18013326.jpg
春らしい藤色の帯締め2点、濃い紫と薄い紫の2色使いが印象的です。

b0333575_18043767.jpg
着物は着ないけど…という方向けのストラップは、やさしいトキ色と紺青色の2点。

2代目榮珠の作風は、やさしい色使いで女性らしさを感じます。


手づくり工房さくら
住所:佐倉市新町174番地(京成佐倉駅 徒歩10分)
電話:043-486-3352
営業時間:10:00am~5:00pm(月曜・火曜・年末年始 定休)


[PR]
by HMkobo_sakura | 2015-04-18 18:15 | 手づくりのモノ | Comments(6)

余松作 組紐ストラップ

着物を着る機会が減ってしまい、残念ながら現代人の生活から和装の意識がうすれてしまいましたね。

今日ご紹介するのは、
和装小物のひとつ、組紐です。

b0333575_14470290.jpg
和装のアクセントとして使われる帯締めは、もともと甲冑や刀紐として使われた日本固有の組紐です。戦いに使うのだからもちろん丈夫、江戸時代に庶民のお洒落として生まれ変わり現代に受け継がれます。

こちらは、佐倉市の久田余松氏考案による結んで緩まない余松結びの組紐です。
現在は娘さんの代に受け継がれ、組紐ストラップとして登場、希少な逸品です。


手づくり工房さくら
住所:佐倉市新町174番地(京成佐倉駅 徒歩10分)
電話:043-486-3352
営業時間:10:00am~5:00pm(月曜・火曜・年末年始 定休)


[PR]
by HMkobo_sakura | 2014-11-24 15:12 | 手づくりのモノ | Comments(0)
line

佐倉市新町の工房さくらです。お気軽にお立ち寄りください。


by HMkobo_sakura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30