手づくり工房さくら

kobosakura.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

佐倉の秋祭り

年に一度の一大イベント、
佐倉の秋祭りが始まりました。

佐倉藩の総鎮守、麻賀多(まかた)様に氏子たちが五穀豊穣を感謝する祭禮。
毎年十月第二金・土・日、麻賀多神社の大神輿を中心に氏子町の山車3基、御神酒所13基、神輿5体が3日間町を練り歩きます。
※年によって変動あり。

お祭りの本番は日が暮れてから。
提灯が灯るころ、
氏子町は、佐倉特有のお囃子に合わせ「えっさの こらさの えっさっさ」の掛け声、
麻賀多神社の大神輿は、太鼓の音とともに「明神祭りさらば久しい」と声を掛けます。

今年いちばんの見どころは、
b0333575_22584308.jpg
明日11日(土)、上町(かみちょう)の日本武尊人形山車が78年ぶりに復活!

今年は横町(よこまち)の石橋(しゃっきょう)、
仲町(なかまち)の関羽(かんう)と3基の山車が揃います。

b0333575_23145158.jpg
手づくり工房さくらでは、
綿菓子、コロッケ、お稲荷、お赤飯、ビール、おしるこ…などなど、ご用意!

幻想的な佐倉のお祭りを、どうぞお楽しみください。
※午後3時から車両通行止めとなります。


手づくり工房さくら
住所:佐倉市新町174番地(京成佐倉駅 徒歩10分)
電話:043-486-3352
営業時間:10:00am~5:00pm(月曜・火曜・年末年始 定休)


[PR]
by HMkobo_sakura | 2014-10-10 23:27 | おまつり | Comments(0)

御用ちょうちん

来週の今日は、いよいよ秋祭り。

手づくり工房さくらのウインドウには御用ちょうちんが並んでいます。

b0333575_09330683.jpg
“佐倉領 御普請(さくらりょう ごふしん) 御用(ごよう)”

御普請(ごふしん)とは、江戸時代、幕府や藩(領主側が費用を出して)施工した土木工事のこと。
ちなみに村落が費用を出して行う工事を自普請と言います。

御用には、いくつか意味があり、
1.用事の丁寧語。
2.官中・政府などの公務・用命。
3.時代劇によく出てくる官命で犯人を捕えること。

この提灯の場合、3番の捕物の意味の御用ちょうちん、お土産用です。

この文面には元になるものがあります。

b0333575_09464469.jpg
こちらが本物、佐倉領 御普請 御用旗。

こちらの御用は2番の官の用命の意味、
幕府の公務で土木工事や草刈りなどを行う際に立てた旗だそうです。

お祭りに合わせ、ただ今工房に飾ってあるので、
ぜひ見にきてください。

余談ですが、この“御普請”について調べていたところ、
幕末に大がかりな印旛沼掘割普請が行われたことを知りました。
興味のある方は千葉用水総合管理所の連載“泥と汗と涙と”で続きをどうぞ。

手づくり工房さくら
住所:佐倉市新町174番地(京成佐倉駅 徒歩10分)
電話:043-486-3352
営業時間:10:00am~5:00pm(月曜・火曜・年末年始 定休)


[PR]
by HMkobo_sakura | 2014-10-03 10:02 | 工房のこと | Comments(0)
line

佐倉市新町の工房さくらです。お気軽にお立ち寄りください。


by HMkobo_sakura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31